トップページ演奏会のご案内、チケットの申し込み歴代指導者と吹奏楽部部史、年譜表、コンクールの記録今年のスケジュールCD、レコード、ユニフォーム、珍しい楽器の話題関係するリンク集吹奏楽部へのメール
 

東に日本最古の山の辺の道、南に大和三山を望む大和盆地の中央にある奈良県天理市。天理高等学校吹奏楽部は1936年(昭和11年)に、わずか5名でこの地に誕生しました。
初代指導者、矢野清 創部当時、指導者もいなければ楽器も満足にない状態でスタートした吹奏楽部は、1938年(昭和13年)に矢野清を指導者に迎えて以来、先生の情熱的な指導のもとで瞬く間に上達。現在に続く天理高等学校吹奏楽部の礎が、ここに築かれました。
矢野清は1902年(明治35年)、札幌に生まれました。大正時代に大阪市の大沢スモールオーケストラのチェロ奏者を経て、同楽団長として活躍。1938年(昭和13年)から1973年(昭和48年)に亡くなるまで、天理高等学校講師として吹奏楽部を名実ともに日本を代表するバンドに育て上げました。

全日本吹奏楽コンクールにおいては1942年(昭和17年)の第3位に始まり、戦後再開後は1956年(昭和31年)から1969年(昭和44年)まで2度の3年連続を含む8回の優勝、招待演奏2回という偉大な記録を残こし、とくにバルトークの【ルーマニア民族舞曲】やべ一トーヴェンの【運命】といった選曲、ミヨーの【フランス組曲】におけるバンドの歌わせ方は、芸術音楽として吹奏楽のあるべき方向をはっきりと示した、記念碑的な演奏であるといえるでしょう。
1966年(昭和41年)、当時画期的な出来事だったのがアメリカへの演奏旅行でした。矢野清の懸命な働きかけにより実現し、第77回ローズ・パレードに50人の精鋭で参加。この際にアメリカ各地でコンサートを開き、日本吹奏楽の真価を遣憾なく発揮しました。

二代指揮者、谷口眞 しかしながらこの年、長い間指導に邁進してきた矢野清が病に倒れてしまいます。急遽、そのあとを谷口眞が引継ぎ、第2代指揮者に就任。谷口は1949年(昭和24年)天理高等学校吹奏楽部卒業後、天理大学へ進学して矢野清のアシスタントを務めていました。その後トランペット奏者として活躍した後、天理高等学校講師として1966年(昭和41年)から1979年(昭和54年)まで、14年間勤務することになります。
矢野清との32年にも及ぶ関係により、強力な矢野イズムの後継者であった谷口眞は、1960年代から70年代にかけての吹奏楽オリジナル作品の名作を次々と取り上げました。音楽の鮮明な輪郭と安定した構成感を前面に打ち出し、シャープな奏法で吹奏楽の新しい世界を切り開くことに成功。吹奏楽のための交響曲(ジェイガー)、二つの交響的断章(ネリベル)、ハムレットヘの昔楽(リード)などは、昭和40年代後半から50年代前半にかけての日本吹奏楽界に大きな影響を与えた演奏と言えるでしょう。
1970年(昭和45年)から金賞制度に変わった全日本吹奏楽コンクールでは、これまで21回の金賞を受賞しています。全国学校合奏コンクールでは、昭和37年、40年、45年に最優秀賞を受賞。夏休みなどを利用して全国各地への演奏旅行も実施しており、日本国内はほとんどの都道府県にわたっております。さらに、昭和50年にはシンガポール、フィリピン、マレーシアの東南アジア3カ国にも演奏旅行をしました。

1979年(昭和54年)から谷口眞の後を継ぎ、三代指揮者、新子菊雄新子菊雄が第3代の指揮者に就任。新子菊雄は1972年(昭和47年)天理高等学校を卒業し、音楽大学をへて、東京での教員生活の後、谷口眞の後任指導者として、また母校音楽教諭として着任し、以後卓越し た指導力で数々の名演奏を残しています。とくに「セント・アンソニー・ヴァリエーション(W. ヒル) 」は今なお名演として輝いている他、近代フランスのラヴェル、ドビュッシー作品では、複雑な構成のなかから全体の流れをつかみ、うねるように歌わせるその演奏は、数多く秀演を残しています。また、アルフレッド・リード氏やジェームズ・カーナウ氏とも交流を深め、両氏にそれぞれ吹奏楽作品を委嘱し、「春のよろこび」(A.リード)「よろこびの翼」(J.カーナウ)の2曲を発表したことも新子菊雄の功績の一つに挙げられます。
1982年(昭和57年)に日本政府がタイ国に寄贈した青少年活動センターのオープニングに、全日本吹奏楽運盟を代表してプミポン国王のもとで演奏。このご縁でタイ国音楽関係者との交流が始まっています。
同年には初代指導者矢野清の念願でもあったオーケストラが設立され、1984年(昭和59年)に初の定期演奏会を開催。以後、運命、田園、未完成、展覧会の絵、新世界などの名曲を取り上げ、1990年(平成2年度)と1991年(3年度)には全国学校合奏コンクールで最優秀賞を受賞しました。
1986年(昭和61年)には、日本から初めてブラジル演奏旅行を行い、日本ブラジル援護協会による病院建設のためのチャリテイコンサートなど、日本とブラジルの友好の一翼を担う大きな任務を果たすことができました。
1989年(平成元年)12月から翌年1月までは、2度目のローズ・パレードを中心としたアメリカ演奏旅行を実施。1991年(平成3年)には6ヵ月に渡るテレビ番組出演や、1992年(平成4年)には、アメリカ・ブッシュ大統領の歓迎式典での演奏の他、韓国4大都市でのコンサートツアーを実施しました。
1993(平成5年)年、皇太子殿下御成婚記念特別演奏会をザ・シンフォニーホールで開催、1995(平成7年)阪神・淡路大震災の年には、部員全員が神戸へ赴き、演奏会を開くとともに「ひのきしん」を行いました。1996(平成8年)創部60周年特別演奏会をザ・シンフォニーホールで開催、弦楽部の協力のもと、「還暦」を迎えた吹奏楽部のすべてを多くの皆様にご覧いただき、大変好評をいただきました。
2001年(平成13年)からは、全日本高等学校吹奏楽大会in横浜および全日本高等学校吹奏楽選抜大会に出場し、以後、毎年輝かしい成績をおさめております。また、2002年(平成14年)には8年ぶりに全日本吹奏楽コンクールに出場、その後3年連続して全日本吹奏楽コンクールで金賞を受賞しました。
現在の指揮者、吉田秀高
2006年(平成18年)月末、出場したすべての全日本吹奏楽コンクールで金賞を受賞した新子菊雄が辞任し、後任には、副指揮者であり、天理教校附属高等学校マーチングバンド監督も務めた吉田秀高が、第4代指揮者に就任しました。

2006年(平成18年)、2007年(平成19年)と、2年連続で全日本高等学校吹奏楽大会in横浜1日目グランプリを受賞。2008年(平成20年)には、国賓として来日中の中華人民共和国胡錦濤国家主席が奈良県に立ち寄られたときの歓迎演奏をし、さらに、全日本吹奏楽コンクールにおける金賞受賞と併せて、全日本高等学校吹奏楽大会in横浜にて初の総合グランプリ(優勝)を獲得し、高校吹奏楽界の2冠を達成した。

 

 

Copyright©2007. Tenri High School Band. All rights reserved.