トップページ演奏会のご案内、チケットの申し込み歴代指導者と吹奏楽部部史、年譜表、コンクールの記録今年のスケジュールCD、レコード、ユニフォーム、珍しい楽器の話題関係するリンク集吹奏楽部へのメール
    弦楽部のホームページは−−>> http://www.tenri-h.ed.jp/1bu/club/gengaku.html
 
天理高等学校管弦楽団は、昭和57年の弦楽部発足と同時に誕生しました。
当初、ほんの数名の弦楽部員によってスタートしましたが、関係者と部員のたゆまぬ努力によってシンフォニー・オーケストラへと成長。現在60名の部員を有し、吹奏楽部の100名と合わせて160名という大所帯となりました。

昭和59年より定期演奏会を開催し、小学校の音楽鑑賞会から、日本各地における様々な行事にも数多く招聘されています。中でも環境庁が“アースイヤー”を記念して大阪のザ・シンフォニーホールで開催した、“アースイヤー記念 天理高校管弦楽団演奏会”は大きな話題となりました。

ピアニストの“アルバート・ロトー氏”をはじめとする著名なソリストとの共演や、近年はドイツ、オランダ、台湾などの海外のオーケストラとの交流も多くなっています。平成2年と3年には全国学校合奏コンクールにおいて、“最優秀賞”を連続で受賞することが出来ました。

天理高等学校の吹奏楽部(オーケストラの管・打楽器担当)と弦楽部は一体であり、吹奏楽、弦楽それぞれの活動以外に、オーケストラとしての活動も常時行っています。部員は高校に入って初めて楽器を持つ初心者が多く、毎日少ないクラブ活動の時間を有効に使って、「学業との両立」と、「感動ある演奏」を目指して日々練習に励んでいます。



 

Copyright (C) 2007 Tenri High School Band. All rights reserved.