第20節 女子生徒入部

昭和58年度

  • 福島、新潟、北海道演奏旅行
  • 第1回御堂筋パレード参加

長髪、女子生徒入部

昨年11月に部を引き継いで以来、今年も全日本吹奏楽コンクールでの「金賞」を最終目標として、新たな改革への希望と不安を抱きながら、例年にない演奏を目指そうと、部員一同一手一つとなって新しいサウンド作りに毎日真剣に取り組んだ。

今年は全日本吹奏楽コンクール招待演奏の翌年であり、女子部員入部の1年目とあって、これからの活動方針や女子部員に対しての指導などといった数々の問題点について、先生方とともに密度の濃い話し合いを重ねてきたにもかかわらず、細かいところまで十分気を配れなかったようであった。

冬期は1、2年のレベルを上げようと基礎練習やすべての基本であるマーチの練習を中心に一人ひとりが曲を完璧に吹きこなせるよう努力し、少ない行事を確実にこなせるように努めた。

春休みに入ると、残寮と合宿の2度に分けて練習を行い、主に新入生歓迎クラブ発表会でのステージドリルを中心に練習した。全員初めてであったためか思うようにはかどらず心配であったが、新入部員の確保という大切な行事であるため、全員一手一つになって練習に励んだ。

新学年になって、新入部員確保の行事である入学式のパレード、新入生歓迎クラブ発表会と、今までの練習の成果を十分発揮して無事に努めさせて頂き、その結果、新入部員が40名を超えるという例年にない人数を確保できた。また、入部後もやめる率が低かったのでこの人数を保つことができた。これも、先生方やドラムメジャーの方をはじめ、2、3年生でも冬期から4月当初にかけて、新入部員の指導について十分考えたたまものであろう。

7月にはこどもおぢばがえりひのきしん、8月には演奏旅行、奈良県吹奏楽コンクールと1年を通じて最も苦しい時期を乗り越え、その後も全日本への第1関門である関西コンクールを目指して練習を始めた。今年は、昨年度招待演奏ということもあって正式なコンクールに出場するのは、1、2年生にとって初めてであり心配されたが、持っている力を十分発揮し、その結果「金賞」を獲得できた。しかし、全日本吹奏楽コンクールへの出場権は獲得できず、長い伝統の中で最も大きなふしを頂き、部員一同深く反省して、決意を新たに8月末からの北海道演奏旅行を一生懸命努めさせて頂いた。

2学期に入り、天高祭、御堂筋パレードなどの数々の行事をこなしていき、11月末に行われるファイナルコンサートをわれわれのコンクールと決め、毎日練習に取り組んだ。また、来年からは自分たちの手でコンサートを主催しようと、いろいろな班を作って活動を始め、ファイナルコンサートにおいても大きな成果を上げ、多くの方々に喜んでもらうことができた。

この1年間、新子先生をはじめ諸先生方の指導のもとで部員が一手一つになり、ひとつひとつの行事を大切にし、昨年よりもいっそう改善すべきところは積極的に変え、新しい方法をどんどん取り入れていった。後輩たちも考えたことは勇気をもって実行し、目標である「心に訴える演奏」を実現して、名実ともに日本一の吹奏楽部となるよう頑張ってほしい。

  • 12月18〜24日 残寮練習 主に基礎練習を中心に行い、各自が目標を持って毎日の練習に取り組んだ。
  • 12月9日 真柱様御招宴全日本吹奏楽コンクール5年連続金賞受賞と文部大臣奨励賞を祝ってお招き頂いた。われわれにとって一生に1度あるかないかの出来事なのでとても緊張した。
  • 1月15日 團伊久磨氏来訪 於練習場受験勉強の忙しい3年生の協力をえて、民族舞曲、ナイルの守り等を演奏。
  • 1月28日 東礼拝場上棟式 於本部中庭東西礼拝場ふしんの歌、教祖百年祭の歌、他マーチ等を演奏。
  • 2月11日 関西アンサンブルコンテストひのきしん 於奈良県文化会館 日頃天理に籠もりがちなわれわれにとって、とても刺激になり勉強になったひのきしんであった。
  • 2月20日 第7回アンサンブル大会 於練習場 3年生が抜けて初めてのアンサンブル大会であったが、全般的にレベルが低く、反省すべき点が目立った。
  • 2月26日 昭和57年度予餞会 於練習場 短い時間ではあったが、お世話になった3年生に喜んで頂けるよう、真実込めて取り組ませて頂いた。
  • 2月27日 卒業式式典(第1体育館)、及びパレード。式典では安心して卒業して頂けるよう力いっぱい演奏した。
  • 3月9〜19日 残寮練習
  • 3月12日 指揮法講習会 於練習場 指揮のやり方にも何種類か方法があることを知り、演奏向上にとても勉強になった。
  • 3月17日 録音 於練習場 録音曲目:奈良国体マーチ「わかくさ」。3年生が抜けて初めての録音だったので、バランスの点でとくに苦労した。
  • 3月18日 録音 於練習場 録音曲目:国体ファンファーレ。
  • 4月1〜5日 春季合宿 於北寮 あらき寮4階でのこの合宿は、新入生歓迎クラブ発表会でのステージドリルを中心に行い、部員の和も少しずつできてきたようであった。
  • 4月12日 新入生歓迎クラブ発表会 於天理市民会館 新入部員確保という大事な行事であったため、初めて行うステージドリルではあったが、部員全員が一つになり、今までの練習の成果を発揮することができた。
  • 4月18日 教祖御誕生祭 於中庭 式典及びパレードに参加。天理中学校と合同の式典演奏であった。多くの信者さん方が見ておられるなかで、しかもただ1曲ということでみんな緊張していた。また今年から、弦楽部との演奏活動を始め、この日も3曲演奏した。
  • 4月18日 おうたをうたう会 於東泉水プール前
  • 4月20日 婦人会総会 於西礼拝場 雨のため予定していたパレードが中止になり、式典だけ演奏させて頂いた。
  • 4月22日 青年会総会 於西礼拝場式典及びパレード(駅前〜本通り〜神殿前)
  • 4月24日 教祖御誕生慶祝パレード 於真南通
  • 4月24日 おうたをうたう会 於東泉水プール前 今年から弦楽部との演奏活動を活発に行い、この日も真柱様御臨席のもとでの演奏会だったので、全員張り切って演奏した。
  • 5月5日 子供の日パレード 於真南通り練習不足のためミスが目立った。
  • 5月7日 第8回アンサンブル大会 於練習場
  • 5月29日 大阪市音楽団特別演奏会見学 於橿原文化会館 全員で演奏会を聴きに行くということはなく、とても勉強になった1日だった。
  • 6月19日 課題曲講習会 於桜井市民会館 曲目:全日本吹奏楽コンクール課題曲。A.吹奏楽のためのインヴェンション第1番 B.白鳳狂詩曲 C.カドリーユ D.キューピッドのマーチ 奈良県吹奏楽連盟が毎年行っている課題曲講習会に今年もモデルバンドとして参加した。今年は、作曲家の浦田健二郎先生をお招きし、例年とは違った方法のもとで行われた。
  • 6月19日 録音 於練習場吹奏楽部とコーラス部で国体の歌を録音。
  • 6月27日 バンドジャーナル誌の取材2時間くらいにわたる取材であったが、和やかな雰囲気のなかで行われた。
  • 7月20日〜8月5日 合宿 於北寮及び東寮
  • 7月26日〜8月4日 おやさとパレード
  • 7月28、29日・高校野球県大会応援 於奈良市営球場
  • 8月2日・歓迎パレード 於真南通り
  • 8月5〜14日・夏季演奏旅行
  • 8月5日 出発。北越分教会宿泊。
  • 8月6日 十日町市中パレード及び十日町市立体育館で演奏会。北越分教会宿泊。
  • 8月7日 新津市中パレード及び新津市民会館にて演奏会。男子は寿乃湯荘宿泊。女子は新津分教会宿泊。
  • 8月8日 上越市中パレード及び上越市文化会館にて演奏会。この日で新潟県の演奏会は最後であったが、納得のできる演奏会ができず、残りの演奏会のことを考えると焦りがでてきた。田端分教会宿泊。
  • 8月9日 移動日。この日は上越市から会津若松市まで移動。連日連夜の演奏会のため徐々に部員の顔に疲れがみえはじめ、ちょうどよい休養日となった。男子は若会分教会宿泊。女子は東北中央分教会宿泊。
  • 8月10日 会津若松市中パレード及び会津若松市民会館にて演奏会。福島県での演奏会は初めてのため、天理の名に恥じないようにと一生懸命演奏した。猪苗代分教会に宿泊。
  • 8月11日 郡山市中パレード及び郡山市民会館にて演奏会。演奏にもまとまりができてきた。芹沢分教会宿泊。
  • 8月12日 いわき市中パレード及びいわき市平市民会館にて演奏会。磐城平大教会宿泊。
  • 8月13日 福島市中パレード及び福島県文化センターにて演奏会。この日で最後の演奏会とあって、今までにない演奏をしようと頑張った。福島教務支庁宿泊。
    【演奏会プログラム】 
  1. 吹奏楽のための序曲 メンデルスゾーン
  2. コンクール課題曲
  3. 吹奏楽のための第3組曲A.リード
  4. バンドのための交響的変奏鈴木憲夫
  5. >
  6. スクリーン・ミュージックより
  7. 日本民謡
  8. マイ・ファニー・バレンタインサックスソロ/平原智
  9. 思い出のサンフランシスコ
  10. ビートルズは飛んで行く
  • 8月14日 福島から天理まで移動。今年もこの長い演奏旅行を無事に努めさせて頂き、心配していた女子部員の身上者もなく全日程を終了したことは、これから後にわれわれに残されている使命を果たす上に、非常によい経験となり、土台となったと思う。しかし、コンクールにつながる大切な舞台であるため、1分、いや1秒たりとも気を抜いてはならない大切な旅行でもあった。
  • 8月17日 奈良県吹奏楽コンクール招待演奏 於奈良県文化会館 演奏曲目:吹奏楽のための第3組曲、バンドのための「交響的変奏」
  • 8月25日 関西吹奏楽コンクール 於尼崎市総合文化センターアルカイックホール 24日西宮大教会に宿泊して、翌25日午前中上甲子園中学校で最後の練習をし、12時45分に会館に到着。1時45分演奏開始。今年も金賞を獲得することはできたが、残念ながら全日本に駒を進めることはできず、悔し涙をのんだ。しかし、あとに控える北海道演奏旅行のため気持ちを新たに入かえ、一生懸命努めさせて頂こうと頑張った。
  • 8月27日〜9月1日 北海道演奏旅行
  • 8月27日 移動(天理〜北海道)及び苫小牧市民会館での演奏会。移動直後の演奏会ではあったが、新潟、福島での経験を生かし、多くの方々に喜んで頂ける演奏ができた。男子は樽前分教会に宿泊。女子は北辰分教会に宿泊。
  • 8月28日 札幌市内パレード及び札幌市共済ホールにて演奏会。統北分教会に宿泊。
  • 8月29日 札幌市内観光及び札幌市民会館にて演奏会。午前中観光と映画鑑賞をし、午後からの演奏会にも自然と気合が入った。統北分教会に宿泊。
  • 8月30日 帯広市民会館にて演奏会。北海道での演奏も残り2日となり、演奏会も次第に上向きになっていった。人舞分教会宿泊。
  • 8月31日 釧路市民会館にて演奏会。演奏旅行最終日だったためか、最高の演奏ができた。ぬさまい荘宿泊。
  • 9月1日 釧路から天理まで移動。6日間演奏旅行を無事に終え、気持ちを新たに2学期を迎えた。
    【演奏会プログラム】
  1. 吹奏楽のための序曲 メンデルスゾーン
  2. 全日本吹奏楽コンクール課題曲
  3. 吹奏楽のための第3組曲A.リード
  4. バンドのための「交響的変奏」鈴木憲夫
  5. その他ポップス
  • 9月10日 天理教安全大会パレード 於本部前〜消防掛前
  • 9月18日 二部体育祭 於北グラウンド 音研オーケストラ合同練習 於練習場
  • 9月19日 秋の交通安全週間パレード 於駅前〜本通り〜真南通り
  • 9月21日 天高祭 於講堂日頃聴いてもらう機会のない天高生が対象なので、一味違った演奏会にしようと自分たちで企画し、村田先生や亀田先生にも指揮をして頂いた。
  • 9月23日 第5回奏でる一手一つ 於天理市民会館
  • 10月9日 大阪城築城四百年まつりオープニン グパレード 於御堂筋関西の有名なバンドで編成が百人以上、ドリルのできる団体を対象として行われ、部員60人余りのわが部ではOBの方の協力を得て参加した。そのため、全員がそろって練習する時間がなく、どうなるか心配されたが、天理の名に恥じないようにと一生懸命頑張った。
  • 10月26日 本部大祭パレード 於真南通り突然のパレードだったので、ミスが目立ったが、急に決まる行事の多いわれわれにとって練習不足という理由は許されない。ふだんの個人の練習の甘さを感じた。
  • 10月30日 大阪教区徒歩団参歓迎パレード 於天理大学体育学部前〜本部神殿〜 真南通り
  • 11月2日 全日本音楽教育研究会全国大会奈良 大会 於奈良県文化会館全国の音楽の先生方を前にしての演奏だったので緊張したが、なんとか喜んで頂けるような演奏ができた。
  • 11月17日 韓国より朴仁玉氏来訪 於練習場20日に行われるファイナルコンサートのため、韓国の吹奏楽連盟で指導者であり、わが部とも以前から関係の深かった朴仁玉氏をゲスト指揮者としてお招きした。
  • 11月18日 近畿私立高校音楽研修会 於練習場この研修会では、和音の純正調や平均律の違い、バランスのとり方などといった音楽を演奏するうえにおいて欠くことのできない基礎的知識を中心に行われた。
  • 11月20日 ファイナルコンサート  於奈良県文化会館今年1年間のクラブ活動の締めくくりとして、また長年にわたって吹奏楽部の礎を築き育て上げて下さった矢野清先生が亡くなられてから10年になるというのを記念して、例年天理市民会館で行うこの演奏会を奈良県文化会館で行った。われわれはこの演奏会を最終目標とし、関西コンクールで味わった屈辱を晴らそうと心を一つにして頑張ってきた。また、自分たちで台本を考え制作したり、入場券の販売を行ったりして、できる範囲のことは自分たちでやろうと努めた。その上、OBの方々やゲストの方々の協力もあり、本番は予想以上の好評を得て、昭和58年度のフィナーレを飾った。
    【演奏会プログラム】
  1. 斑鳩の空 櫛田■之扶
  2. トランペット協奏曲 アルトゥーニアン トランペットソロ戸部豊
  3. 第3組曲 A.リード
  4. マーチ「わかくさ」 兼田敏
  5. 風が光るとき円ひろし
  6. マーチ「ミリャンアリラン」
  7. チューバ吹きの休日
  8. 気ままなトロンボーン
  9. ソレアード
  10. ナイスショットサックスソロ 平原智
  11. フラッシュダンス
  12. ヘイ・ジュード

昭和59年度

  • 吹奏楽部、オーケストラ定期演奏会始まる
  • 青森演奏旅行
  • わかくさ国体行事参加

生徒の手で企画運営、念願の定期演奏会

例年なら11月に部を引き継いでいくのだが、昨年度全日本吹奏楽コンクールに出場できなかったため、私たちにとっては実質的に9月から新年度が始まった。

新しい学年で始まった部ではあったが、3年生の方々の努力で1年生が数多く残り、メンバー不足といった問題もなく早くから合奏練習ができた。今年は、天理高校吹奏楽部第1回定期演奏会を6月に開くことになったので、これを前期の目標にした。また例年なら3学期にコンサート活動などできないのだが、今年は1月から舞台を踏むことができた。1回1回の演奏会に目標をもって練習に取り組んでいったが、思い通りの結果が得られないときもあり不安になったりした。定期演奏会も成功に終わったが、開くにあたって企画や運営その他のことを私たちですることは大変難しいことだと分かり、私たちを呼んで下さる方々の苦労を実感できてこれからの勉強に大変参考になった。

7月には演奏旅行、おぢばがえりひのきしん、8月には奈良県コンクールと、後期の第1の山を乗り越えて関西コンクールの練習に移った。去年は全日本大会に出場できなかったこともあり、今年は必ずという気持ちで頑張った。そして全日本への出場権を獲得することができた。が、問題点も多くあり全日本に向けておおいに反省した。

9月からは、わかくさ国体の練習が多くなった。9月に夏季大会、10月には秋季大会に参加した。

今年の全日本大会は、順番が1番と朝早くになったため10月19日の夜から敷島詰所で合宿となった。朝4時頃に起床して合奏練習をし、本番に備えた。24日にはかんろだいの据え替え、25日には東西礼拝場竣工、26日には秋季大祭とお道の大切なまたとない大きな行事中に天理を離れるからには、なんとしても金賞をご守護いただきたいと一同心に誓ってコンクールに向かった。朝1番ということで心配していたが、結果は金賞ということで去年の屈辱を晴らすことができた。

1年間を振り返ってみると、いろんな失敗をして先生方にご迷惑をおかけしたこともあった。しかし、自分たちなりに精一杯やって来れたし、勉強にもなったことだろうと思う。

来年からも、今年を足がか 閧ノ金賞をとっていってもらいたい。が、金賞をとるために練習するのではなく、よりよい演奏、人が感動する演奏ができるようになってほしい。その結果が金賞になってあらわれるのだと思う。一日一日「心に訴える演奏」に近づくように今後も努力していってほしい。

  • 11月27日 北陸大教会よふぼく決起の集い 記念演奏会及び月次祭パレード 於天理大学講堂及び真南通り 現役だけでは無理なところが多いので、3年生に協力していただいた。
  • 12月3〜4日 野外研修 於大和郡山青少年自然の家 レクリエーションを通じて、みんなの心が一つとなるように、またクラブの方にも生かせるようにする目的で行った。
  • 12月18〜24日 冬期練習 基礎練習を中心に、演奏会に使える曲の練習をして1月からの行事に備えた。
  • 1月7日 ラグビー部全国優勝祝勝パレード及び祝勝会 於天理駅前〜本部
  • 1月21日 予餞会 於練習場 お世話になりっぱなしだった3年生の皆さんに安心して卒業して頂けるように、しっかり取り組ませてもらった。
  • 1月22日 わかくさ国体ふれあいコンサートの合同練習 於練習場
  • 1月25日 全教一斉選抜講演大会 於天理市民会館
  • 1月27日 録音 於練習場
  • わかくさ国体愛唱歌 「風が光るとき」
  • 1月28日 わかくさ国体ふれあいコンサート 於天理市民会館 舞台上での演奏は1、2年生だけでは初めてだったので緊張した。また、天理市の他の高校の人とも知り合えたのでよかった。
  • 2月4〜5日 第2回部内ソロ大会 於練習場 3年生が抜けられて初めてのソロ大会だったので、技術面や音楽面で一人ひとりの音楽のなさが分かった。
  • 2月18日 みんなの音楽会 於天理小学校講堂 初めて台本を作成した。小学校対象なので、どのようにしたら喜んでくれるかなどを考えて企画したりして大変勉強になった。
  • 2月27日 卒業式式典及びパレード 安心して卒業して頂けるように、自分たちに出来る最高の演奏をした。
  • 3月10〜28日・春季練習 於練習場
  • 3月20日 愛知教区鼓笛バンドフェスティバル 於愛知勤労会館 初めての演奏旅行だったせいか緊張し、ミスが目立ち、納得いかない演奏会となってしまった。
  • 3月23日 チャリティーコンサートのための三ノ丸ママさんコーラスと合同練習 於練習場
  • 3月26日 月次祭パレード 於真南通り
  • 3月28日 道友社主催チャリティーコンサート 於奈良県文化会館 目標のいくらかは達成できたが、まだ不満な点が多く、次の演奏会に新たに目標をおいた。オーケストラで演奏出来たこととコーラスの方々と共に演奏し、いろいろ学ぶところがあった。
  • 4月5日 入学式 練習場前にて演奏。
  • 4月10日 新入生歓迎クラブ発表会 於天理市民会館 新入生獲得のために一生懸命やったが、ミスもありどうなるかと思ったが、入部希望者がたくさん来てくれたので安心した。
  • 4月11日 タイ国団参歓迎会 於練習場
  • 4月14日 春の交通安全パレード 於駅前〜本通り〜真南通り
  • 4月15日 録音 於練習場 録音曲:パラリンピック賛歌
  • 4月18日・教祖御誕生祭パレード及びお供え演奏 於本部中庭 演奏する曲が1曲なので大変緊張する行事の一つではあるが、大切な行事なのでしっかり演奏させて頂いた。
  • 4月20日 婦人会総会及び記念パレード
  • 4月21日 タイの方と合同練習 於練習場 今月11日から来られていたタイの人々とパレードをともにした。全員一生懸命やって、タイの人たちとともに喜んだ。
  • 4月22日 青年会総会及び記念パレード
  • 4月22日 教祖御誕生祭慶祝演奏会 於天理市民会館 この日はタイの人たちとの最後の日だったので、一緒に演奏会に出た。言葉の面で苦労してきたが、この日には全員一丸となって演奏が出来た。
  • 4月29日 榛原町演奏会 於榛原町総合体育館
  • 5月2〜3日・新入生歓迎会 於奈良青少年野外活動センター 新入部員に対してクラブ活動の内容や雰囲気などを教えたり、2、3年生との交流の場として練習から離れて行った。
  • 5月13日 東南アジア別席団参歓迎演奏会 於練習場
  • 5月27日 全国身体障害者スポーツ大会リハーサル大会 於鴻ノ池陸上競技場
  • 6月3日 第24回歌う一手一つ 於天理市民会館「夏は来ぬ、遠くへ行きたい、この道」練習する時間が短かったが、精一杯歌った。
  • 6月10日 課題曲講習会及びわかくさ国体使用曲録音 於桜井市民会館 録音曲目:マーチ「わかくさ」、合唱と吹奏楽のための「あをによし」、「大和路三首の歌」、わかくさ国体愛唱歌「風が光るとき」
  • 6月24日 第1回定期演奏会 於橿原文化会館 私たちはこの日の演奏会をするにあたり、「めざせファーストコンサート、燃え尽くせ青春の熱いハート」をスローガンに頑張ってきた。運営・企画・演出などは私たち中心にやったが、なにもかも初めてだったので戸惑うことも多かった。終わってみるといろんな面で問題点も見つかり、次回に向けてのよい勉強になった。
  • 7月13〜17日 夏期強化練習
  • 7月14日 韓国おやさとスクール歓迎演奏会
  • 7月18〜23日 夏季演奏旅行
  • 7月19日 青森市中パレード及び演奏会 於青森市文化会館 東北での演奏会は、しっかりやらないと盛り上がらないと聞かされていたので一生懸命やったが、移動で疲れていたので納得出来ない結果になった。(男子青森教務支庁泊、女子陸奥分教会泊)
  • 7月20日 弘前市中パレード及び演奏会 於弘前市民会館 青森でのこともあり充分休んでこの日に臨んだ。そのせいか、大変盛り上がった演奏会になった。(弘前分教会泊)
  • 7月21日 黒石中学校にて演奏会、黒石市中パレード及び演奏会 於黒石市市民文化会館 黒石分教会泊
  • 7月22日 八戸市中パレード及び演奏会 於八戸市民会館 最後の演奏会だったので気合の入った演奏会になり、演奏旅行をしめくくった。
  • 7月23日 移動(車中泊)
  • 7月24日〜8月5日 合宿 於北寮あらき4階及び東寮
  • 7月26日〜8月4日 こどもおぢばがえり行事 おつとめ行事、おやさとパレード
  • 8月6〜8日 強化練習
  • 8月9日 奈良県吹奏楽コンクール 於奈良県文化会館 今年は奈良県から審査されるので少し緊張ぎみだった。また、1年生だけでC組に出場し共によい結果を得ることが出来た。
  • 8月10〜23日 関西コンクール強化練習
  • 8月14日 柔道部インターハイ優勝パレード
  • 8月14日 学生生徒修養会のための演奏会 於本部第2食堂
  • 8月23日 関西コンクール出発(御津大教会泊)
  • 8月24日 関西コンクール 於森ノ宮青少年会館 この日は朝早く体を起こすため4時半に起床し、午前中城陽中学校で最後の練習をして、正午演奏開始となった。結果は金賞。全日本コンクール関西代表に選ばれた。
  • 9月8日 わかくさ国体夏季大会開会式
  • 9月11日 同閉会式 於奈良県営プール
  • 9月21日 天高祭 於第2体育館
  • 9月22日 天理高校弦楽部第1回定期演奏会 於天理市民会館 今年は弦楽部と合同でオーケストラとして、何度も演奏した。吹奏楽部と共に定期演奏会の回を重ねていくことだろう。
  • 9月23日 わかくさ国体秋季大会総合リハーサル 於鴻ノ池陸上競技場
  • 10月11日 スポーツ芸術わかくさコンサート 於奈良県文化会館 この日を全日本コンクールのつもりで演奏会に臨んだが、満足いくものが得られず、全日本までの課題として残った。
  • 10月12日 わかくさ国体開会式 於鴻ノ池陸上競技場
  • 10月13〜15日 わかくさ国体柔道大会 於天理総合体育館
  • 10月17日 わかくさ国体閉会式 於鴻ノ池陸上競技場 わかくさ国体のファンファーレ隊として出場。いろいろ苦しいこともあったが、大変勉強になった行事のひとつであった。
  • 10月19〜23日 全日本吹奏楽コンクール強化合宿 於練習場及び敷島詰所 今年の出番が朝1番ということで、朝早くに最もよいコンディションにするため、敷島詰所で合宿をさせて頂いた。朝はだいたい4時から5時に起き、参拝の前に本番通りの合奏練習をして、早起きして演奏することに慣れるようにした。
  • 10月24日 全日本吹奏楽コンクール出発 金賞のご守護が頂けるように、新しいかんろだいに参拝させて頂いてから夜10時過ぎ出発した。(車中泊)
  • 10月25〜26日 全日本吹奏楽コンクール練習 於明治大学附属中野高校(本芝大教会宿泊)
  • 10月27日 全日本吹奏楽コンクール 於東京普門館 この日3時に起床して音出しをした。朝早くからのことなので周辺の方々や教会の方々に大変ご迷惑をおかけしたが、充分音出しをさせて頂いた。6時頃から佼正高校で音出しをし、8時5分普門館入り。9時15分本番となった。演奏終了後他校の演奏を聴き、レベルの高さに驚いた。成績発表のとき大変不安だったが、「金賞」の言葉に全員が喜んだ。
  • 10月28日 移動、金賞受賞パレード及び祝勝会 於天理駅〜本部 天理到着後すぐだったが、全員移動の疲れも忘れ勇んでパレードをさせて頂いた。たくさんの方々に喜んで頂き、感激した。
  • 11月1日 大淀緑ヶ丘小学校音楽鑑賞会 於大淀緑ヶ丘小学校
  • 11月2日 シンガポール団参歓迎演奏会 於練習場
  • 11月4日 御堂筋パレード 今年もOBの方にご協力頂きパレードに参加した。しかし、全日本コンクールもあり、OBの方やバトン部との合同練習の時間がほとんどなく、どうなるか心配だったが、最後まで力一杯の演奏をすること出来た。
  • 11月14日 ファイナルコンサート '84 於天理市民会館 今年も1年間のしめくくりとして、例年通り市民会館で演奏会を行った。われわれはこの演奏会を全日本コンクールのときよりも、さらによいものとなるよう目標をさだめ頑張ってきた。自分たちで演出を企画し、チケット販売のほうにも努力した。そして市民会館に入りきれない人が出るかと心配するほどチケットが売れ、超満員の会場で演奏することが出来た。これもOBの方々や先生方、それに天理高校吹奏楽部を愛し応援して下さる方々のおかげだと感謝し、来年にはさらによい演奏が出来るよう祈り、59年度を無事終えることが出来た。

昭和60年度

  • 教祖百年祭
  • 熊本演奏旅行

名演「セントアンソニー」で金賞

今年度は“教祖百年祭まであと1年”という意義深い、また我々としても百年祭へ向けての最後の伏せ込みということで活動させて頂いた結果、部員数は念願であった 100名を越し、現在では 120名。またコンクールにおいては全国大会金賞。吹奏楽界では最高の賞を頂くことができた。しかし、我々は金賞を頂いたことよりも、それ以上に、本当の“音楽”というものに近付けたこと、これが何よりも嬉しいことであった。

例年になく、今年は早い時期から行事に出させて頂いた。11月、作曲グループ作品発表会を皮切りに、3学期に入ってからも、2月、3月と行事があり、この冬季、春季休暇を利用しての基礎練習も、そのような行事と並行して行わなければならないので、非常に苦労した。新学年の1学期に入っても野球部の春の大会応援、新入生歓迎会の練習、また教祖誕生旬間では、教内からの声により、よのもと会の主催で天理教校付属高校マーチングバンドとの初のジョイントコンサートなど、息つく間もなかったが、そんな中でも新入部員は55人という御守護を頂いた。

6月には第2回定期演奏会、7月、こどもおぢばがえり、8月、演奏旅行、そして神奈川県立野庭高校との友情コンサート。この野庭高校との交流によって、我々はたくさんのことを教えられ、また、かせがえのないたくさんの友と出会うことができた。

9月、例年8月に行われていた関西コンクール、天高祭、天理青年おぢばがえり大会。10月、御堂筋パレード、中間考査をはさんで、全日本吹奏楽コンクール、11月、ファイナルコンサート。これが今年1年の活動概況である。

  • 11月25日 第1回作曲グループ作品演奏会 於天理市民会館 新メンバーでの初の本番。3年生にも若干入ってもらう。サウンドはまだまだだがレヴェルはそう落ちていない。上場の滑りだし。
  • 1月20日 ふれあいコンサート合同練習
  • 1月27日 月次祭パレード
  • 2月9日 ふれあいコンサート合同練習
  • 2月10日 奈良県連合音楽会 於橿原文化会館 木管5重奏と金管10重奏が出演。アンサンブル単独で演奏会に参加するのは初めて。皆緊張していたが、演奏の途中で紹介を兼ねたギャグなどを飛ばし、自分達でリラックスさせながら会場のお客さん方と一体となるよう心がけた。
  • 2月11日 ふれあいコンサート 於天理市民会館 単独演奏だけではなく、他校とのジョイントも。合同練習を重ねながら、他佼の実情、練習方法、その他、色々な意見を交換し、親睦をはかった。
  • 2月17日 高校野球センバツ旗授与式の合同練習
  • 2月20日 天理教少年会録音 演奏曲目:明日に向かって・少年会の歌・僕と私のにをいがけ
  • 2月23日 原田先輩来訪・高校野球センバツ旗 授与式合同練習
  • 2月25日 高校野球センバツ旗授与式合同練習
  • 2月26日 高校野球センバツ旗授与式及びパレード 野球部の春の甲子園出場の祝賀パレード。運動場にてバトン部と合同でドリル演技。その後、ヘリコプターから出場資格のボールを落下。なかなかの演出である。
  • 3月14日 NHK取材
  • 3月18、21日 チャリティーコンサートにおける畑和佳子さんとの合同練習
  • 3月24日 チャリティーコンサート 於橿原文化会館 初めてピアノとの共演。原曲はオーケストラ用。吹奏楽でどこまで近付けるか。何度も何度もテープを聞いて研究する。やっぱり、追い付けない。これからの課題である。
  • 3月28日 野球部応援(阪神甲子園球場)
  • 3月31日 京都教区青年女子青年大会のパレード・たすけあいコンサート 於円山野外音楽堂
  • 4月1、5日 野球部応援 於甲子園球場
  • 4月18日 教祖御誕生祭 於本部中庭 毎年この日は、教祖御誕生奉祝歌1曲。かぐらつとめの後、真柱様が教祖殿においでになり、お祝いのお言葉が終わった瞬間、いよいよ演奏。たった1曲。しかし、この1曲を吹き終えたとき何とも言えない感動がある。もう中庭でこの曲を吹くことはない。また今年から附属高校マーチングバンドと合同演奏。
  • 4月19日 よのもと会主催歌と踊りの集い 於天理市民会館 今年から始まったこの演奏会。教内の信者さんの声により天理高校吹奏楽部と附属高校マーチングバンドのジョイントコンサートが実現。最初はそれぞれの単独演奏。次に天理高校は今川先生の指揮でブラスバンドを。附属高校と天理高校の木管が新子先生の指揮で吹奏楽曲を演奏。最後はサンバを合同演奏。最高の盛り上がりをみせた。今後も仲良くしていきたいと願う。
  • 4月20日 婦人会総会 於本部中庭
  • 4月22日 青年会総会 於本部中庭
  • 4月25日 よのもと会主催歌と踊りの集い
  • 5月11、12、14、29日 道友社録音 於道友社スタジオ
  • 5月26日 月次祭パレード
  • 6月2日 陽気フェスティバル100 ・オープニングパレード 於江南市民文化会館 今年度初めての出張演奏。よく響くホールで演奏するのに戸惑った。
  • 6月9日 奈良県吹奏楽コンクールB組課題曲 講習会 於桜井市民会館
  • 6月16日 全日本吹奏楽コンクールA組課題曲講習会 於練習場
  • 6月23日 録音 曲目:School Song,Come Cheer
  • 6月29日 第2回定期演奏会 於奈良県文化会館 昨年に引き続き、企画・演出・進行など3年生全員に役割を分担。ポスターの図案も自分達で考える。チケットの売上状況も万全。お客さんは来てくれるだろうか。不安と心配をよそに、会場は超満員。演奏もだんだん尻上がり。最高潮に達したのは、ゲストの猪俣猛氏の“シングシングシング”10分を越えるソロ。割れんばかりの拍手。その後はそのままの勢いでノリノリ。
  • 7月13〜23日 夏季強化合宿 於北寮・東寮
  • 7月24日 天理教音楽研究会器楽部サマーコンサート鑑賞
  • 7月24〜8月5日 合宿 於北寮・東寮
  • 7月25日〜8月5日 こどもおぢばがえり 今年は例年のおやさとパレード、朝のおつとめ行事に加えて、昼間に鼓笛隊と金管アンサンブルによるストリートバンドを実施。真南通りやワイガヤランドにゲリラ的に出演。子供達も大喜びであった。
  • 7月28日 野球部奈良県予選決勝戦応援 於橿原球場
  • 8月5〜13日 夏季演奏旅行 おぢばがえりも終わり、いよいよ火の国熊本へ。準備も終わり出発。車中泊
  • 8月6日 阿蘇演奏会 於阿蘇町立体育館 演奏旅行初日。長旅の疲れか、演奏に元気がない。1曲目も止まってしまう有り様。ソロを受け持っているメンバーもボロボロ。それでも割れんばかりの拍手。申し訳ないの一言である。その日の夜、ミーティングをし、明日からの気合を入れる。東肥大教会泊。
  • 8月7日 菊池演奏会・パレード 於菊池文化会館 東肥大教会泊
  • 8月8日 人吉演奏会・パレード 於人吉カルチャーパレス 鯉里グランドホテル泊
  • 8月9日 本渡演奏会 於本渡市民会館 天草国際ホテル泊
  • 8月10日 熊本演奏会 於熊本県立劇場コンサートホール 東肥大教会泊
  • 8月11日 熊本教区陽気ぐらし講座大会 於熊本県立劇場コンサートホール 東肥大教会泊
  • 8月12日 ひのくにパレードの演奏会 於熊本市民会館
  • 8月13日 移動 熊本〜天理
  • 8月14日 奈良県吹奏楽コンクール招待演奏 於奈良県文化会館
  • 8月14〜18日 夏季強化合宿
  • 8月18日 全日本吹奏楽祭 於神戸文化ホール
  • 8月24〜29日 関西コンクール強化合宿
  • 8月26日 神奈川県立野庭高等学校吹奏楽部来校
  • 8月27日 友情コンサート 於天理市民会館
  • 8月31日 天理高校オーケストラ第2回定期演奏会 於天理市民会館
  • 9月6日 関西コンクール会館練習 於天理市民会館
  • 9月8日 読売交響楽団特別演奏会鑑賞 於奈良県文化会館
  • 9月13日 関西コンクール会館練習 於天理市民会館
  • 9月15日 関西コンクール移動 天理〜京都 河原町大教会泊
  • 9月16日 関西コンクール 於京都会館 午前5時30分起床。午後1時54演奏開始。終了後、皆余裕の笑顔。結果、金賞、全日本代表
  • 9月19日 青年会おぢばがえり大会録音 於天理市民会館
  • 9月20日 天高祭演奏 於第2体育館
  • 9月22日 奏でる一手一つ 於天理市民会館
  • 9月26、27日 天理青年おぢばがえり大会前夜祭リハーサル 於南第4駐車場
  • 9月28日 校内音楽会
  • 9月28日 天理青年おぢばがえり大会前夜祭
  • 9月29日 天理青年おぢばがえり大会「若人の祭典」 於南第4駐車場
  • 10月6日 御堂筋パレード
  • 10月24日 全日本吹奏楽コンクール移動
  • 10月25、26日 全日本吹奏楽コンクール練習 於明大中野高校 本芝大教会泊
  • 10月27日 第33回全日本吹奏楽コンクール 於東京普門館 課題曲 吹奏楽のための交響詩「波の見える風景」自由曲St.Anthony Variations プログラム11番に登場。指揮者、演奏者あわせて51名。舞台の上で、まさに一手一つの響演。発表の“金賞”という言葉に誰もがうなずいた。
  • 11月17日 近畿高等学校総合文化祭 於滋賀県近江八幡市文化会館 木管5重奏が出場。
  • 11月26日 ファイナルコンサート'85 於天理市民会館

例年にない大所帯となった今年。何とか1年間とおることができた。先生方、OBの方々、そして天高バンドを応援して下さった方々を、もちろん忘れてはならない。今年の最大の行事であった全日本。あの普門館での演奏が、これからの1回1回のコンサートでできるように、来年も頑張ってもらいたい。来年は教祖百年祭、そして天理高校吹奏楽部創部50周年。後輩達にとって、非常に名誉な、またラッキーな年でもある。部員全員が一手一つになって互いに立て合い助け合って、また新たな伝統を作ってもらいたいと願う。激動の3年間、ここに終わる。


第21節 遠くブラジルまで

昭和61年度

  • ブラジル演奏旅行
  • 演奏旅行残留組とOBで甲子園応援
  • 創部50周年記念特別演奏会

創部半世紀の年は大忙し

今年度は“教祖百年祭”の年であり、わが吹奏楽部の50周年の年でもあることから、例年より行事数も多く、また夏休みを利用してブラジルへ海外演奏旅行にも行かせて頂いた。タイの方との交流といい、アメリカのミシガン州選抜バンドとのジョイントコンサートといい、今年は特に国際的に音楽の素晴らしさを知ることができた。また今年は例年になく初心者が多いが、多くの行事に参加させて頂き、毎年出場していたコンクールには出場しなかったものの、1回1回の演奏会をコンクールのつもりで、音楽的問題だけでなく、部全体の人間関係などの問題も乗り越えて、数え切れないほど多くの事柄を学んだ。部員数も120名というマンモスクラブに変わり、部員が一つになろうと努力してきた。

昨年11月にファイナルコンサートを終え、クラブが自分達の代に変わった。12月冬季練習で音作りに専念し、1月、2月と百年祭の駅前演奏をし、雪の中伏せ込ませて頂いた。3月甲子園とチャリティーコンサート。未完成のサウンドではあったが、これからの音作りの台になった。4月マーチングバンドとのジョイントに本島大教会の和太鼓が入って“大海”という大曲を演奏した。5月はバトン部と合同で広島に2日間の演奏旅行を行い、6月には第3回の定期演奏会を行い大成功に終わった。7月アメリカ合衆国の高校選抜バンドの方とジョイントを行い、交歓会をもって交流を深めた。8月ブラジル演奏旅行。海外ということもあって様々な思い出を作ることができた。また今年は野球部が甲子園で活躍したため残りの部員たちで応援に参加した。

9月は大きく変身した月となった。自分達の欠けているところ、直すべき所など思い知らされ、あらゆる方法を練り合い、23日に行われる奏でる一手一つに向けて全力を尽くした。11月15日には創部50周年記念特別演奏会を大阪で行い、超満員の聴衆を前に少し緊張しながらも今までの力をすべて出しきり、50年の区切りとなる演奏をした。“あなたの心に届けます、感動という名のサウンドを”をキャッチフレーズに部員一同が一つになった。

  • 12月18〜24日 冬季強化練習
  • 12月19日 テレビ録画
  • 1月25、26日 教祖百年祭出迎え演奏 於天理駅前
  • 2月1、2日 教祖百年祭出迎え演奏 於天理駅前
  • 2月8〜11日 教祖百年祭出迎え演奏 於天理駅前
  • 2月15〜16日 教祖百年祭出迎え演奏 於天理駅前
  • 2月18日 教祖百年祭出迎え演奏 於天理駅前 雪の吹きすさぶなか、駐車場にテントを張って頂き、その中で暖を取りながら、団参の方々が駅につくと駅前まで行って、数曲演奏。寒い中にもかかわらず、帰参者の人達は最後まで聴き入ってくれた。
  • 2月23日 ふれあいコンサート
  • 2月26日 高校野球センバツ授与式及びパレード
  • 3月11日〜4月7日 春季強化合宿
  • 3月22日 第3回チャリティーコンサート 於橿原文化会館
  • 3月24日 タイからの帰参者歓迎演奏会 於練習場
  • 3月27、31日・甲子園応援
  • 3月29日 道の学生決起大会 於本部中庭
  • 4月17、25日 ジョイントコンサート 於天理市民会館 昨年の附属高校マーチングバンドに加えて今年は本島和太鼓とも共演
  • 4月18日 教祖御誕生祭 於本部中庭
  • 4月18日 関西テレビ録画
  • 4月20日 婦人会第68回総会 於本部中庭
  • 4月30日 柔道正木選手祝勝パレード 於天理駅〜本部
  • 5月1日 東南アジア帰参者歓迎演奏会 於南左1棟教庁4階講堂
  • 5月3日 奈良ドリームランドミニコンサート 於奈良ドリームランド
  • 5月4、5日 広島演奏旅行
  • 5月4日 第10回広島フラワーフェスティバル 野外演奏 於広島平和記念公園
  • 5月5日 フラワーフェスティバルパレード
  • 5月9日 奈良市民の集い  於鴻ノ池陸上競技場
  • 5月11日 奈良ドリームランドミニコンサート 於奈良ドリームランド
  • 6月8日 歌う一手一つ
  • 6月22日 第3回定期演奏会 於奈良県文化会館
  • 6月29日 まつぼっくり少年少女合唱団中国公演激励壮行コンサート友情出演
  •       於松下住設郡山営業所講堂
  • 7月22日 ミシガン州高校選抜バンドとのジョイントコンサート 於天理市民会館
  • 7月25〜8月5日 こどもおぢばがえり
  • 7月18日 全国高校野球大会奈良県大会開会式
  • 7月29日 全国高校野球大会奈良県大会決勝応援及び閉会式 於橿原球場

ブラジル組、甲子園組それぞれ頑張る

  • 8月7〜21日 ブラジル演奏旅行
  • 8月8日 ブラジル・サンパウロ市着(ニッケイパレスホテル泊)
  • 8月9日 ブラジル伝道庁35周年記念大会 日伯友好病院建設チャリティーコンサート 於アニエンビー大講堂(ニッケイパレスホテル泊)
  • 8月10日 チャリティーコンサート 於バウルー市・ビトーリアレジア劇場(ブラジル伝道庁泊)
  • 8月11日 市内パレード及び市庁訪問・交歓会(ブラジル伝道庁泊)
  • 8月12日 移動(ホテル・ノビル泊)
  • 8月13日 チャリティーコンサート 於ロンドリーナ市・モリンゴン体育館)(ホテル・ノビル泊)
  • 8月14日 市内パレード(ホテル・ノビル泊)
  • 8月15日 移動(ニッケイパレスホテル泊)
  • 8月16日 チャリティーコンサート 於サンパウロ市・文協講堂)(ニッケイパレスホテル泊)
  • 8月17日 公園内パレード 於イビラプエーラ公園 (ニッケイパレスホテル泊)
  • 8月18日 移動(ホテルリオ・コパ泊)夜出発(日付変更)
  • 8月21日 帰国

【チャリティーコンサート・プログラム】

    第1部
  1. 寄港地
  2. 斑鳩の空
  3. ハムレットへの音楽
  4. 第2部
  5. グレンミラー・ポップスオープニング<
  6. ウィ・アー・ザ・ワールド
  7. 日本の抒情、日本民謡メドレー
  8. ディズニーメドレー
  9. デキシーランドジャズ・フューネラル
  10. サウスランパートストリートパレード
  11. アモール・ノ・コラソン
  12. アクアレア・ブラジル
  13. アンコール:バーナムとベイリー、シダデマラビローザ
  • 8月12日 甲子園応援
  • 8月17日 甲子園応援
  • 8月19日 甲子園応援
  • 8月20日 甲子園応援
  • 8月21日 甲子園応援
  • 8月22日 野球部優勝祝勝式 於本部前
  • 8月26〜31日 夏季後半強化合宿
  • 8月31日 天理の祭りオープニング演奏及びパレード 於神殿〜駅前駐車場
  • 9月2日 真柱様御招宴
  • 9月6日 榛原町コンサート 於榛原町総合体育館)
  • 9月21日 天理高校第2部体育祭開会式 於天高北グラウンド
  • 9月23日 奏でる一手一つ
  • 9月28日 御堂筋パレード
  • 10月4日 第37回社団法人日本地方新聞協会全国大会 於奈良県文化会館
  • 10月5日 天理高校オーケストラ第3回定期演奏会 於天理市民会館
  • 10月27日 青年会総会及びパレード 於本部中庭、学校〜本部前
  • 11月10日 50周年記念特別演奏会リハーサル
  • 11月15日 創部50周年記念特別演奏会 於大阪毎日ホール)ゲスト:猪俣 猛氏

【プログラム】

    第1部
  1. ハムレットへの音楽
  2. 交響曲第1番「秋韻」
  3. シンフォニーNo5・フィナーレ
  4.   第2部
  5. オリンピック・ファンファーレ
  6. サウスランパートストリートパレード
  7. 夕やけこやけ〜夕日
  8. シングシングシング
  9. サンチェスの子供達
  10. ハリウッド万歳!
  11. アクアレア・ブラジル
  12. シダデ・マラビローザ
  13. アンコール:チェッカーズメドレー他
  • 11月16日・近畿高等学校総合文化祭 於奈良県文化会館)
  • 11月18日・天理女子学院芸術鑑賞 於天理高校講堂
  • 11月19日・天理高校2部芸術鑑賞 於天理高校講堂
  • 11月23日・近畿高等学校総合文化祭 於奈良県文化会館
  • 11月24日・天理教音楽研究会ファイナルコンサート 於奈良県文化会館

近年まれにみる行事数をふりかえり、数々の苦労を思い出す。これほど悩んだ年はないのではないか。そんなとき、我々現役部員を支え、応援して下さった先生方、OBの方々、そして関係者の方々、演奏を聞いて下さった聴衆の皆様のことは忘れることができない。

来年は立教150年でもあり、この天理高校吹奏楽部の新しい第一歩でもある。50年の伝統を守り、これからも部員全員が一手一つに互い立て合い助け合って、心の音楽を奏でてもらいたい。


昭和62年度

  • 御誕生慶祝演奏会始まる(楽朋会主催)
  • 立教百五十年祭

イエール大学とのジョイント

今年度は“立教150年”の意義ある年であり、夏のこどもおぢば帰りでは、38万人もの子供達がこの親里に帰って来て、我吹奏楽部も朝のおつとめ行事やおやさとパレードなどに参加させて頂いた。また、立教150年記念行事などにも参加させて頂き、前日に行われた全日本吹奏楽コンクールでも、21回目の金賞をご守護頂き、この大きな時旬に金賞をおそなえできたことは、我々にとってたいへん喜ばしいことでした。そのうえ、吹奏楽部の育ての親であられます二代真柱様の20年祭もおこなわれ、そのこともあって大阪の厚生年金会館という立派なホールで、ファイナルコンサートをさせて頂くことができました。また今年は、多くのジョイントコンサートができました。ブライアンボーマン氏や、パリギャルドの主席クラリネット奏者など、世界一流の音楽家やアメリカの名門イエール大学など、その他日本の多くの学校ともジョイントがあり、たくさんのことを学ばせて頂きました。女子部員もふえ、男子と女子の二つが一つとなって歌を奏でることができたことがとてもうれしいことでした。

昨年12月に世界的に有名なユーホニウム奏者ブライアンボーマン氏との共演、究極の金管の響きを教わった。2月、最新楽譜紹介コンサートにて自分達の代のメンバーだけでの初舞台を踏んだ。3月、編曲で有名な岩井直溥先生や、ドラムの猪俣猛先生をむかえてチャリティーコンサート。尼崎市アルカイックホールにて、三校の学校とジョイントコンサート。4月、教祖御誕生祭の前日に、マーチングバンドと本島和太鼓とジョイントし交響詩「おやさま」を演奏させて頂いた。5月、イエール大学とジョイント、アメリカのサウンドの素晴らしさに驚いた。また、彦根古城博に出演のため、二日間にわたる演奏旅行。6月、定期演奏会では、初の試みのクラシックだけのコンサート。7月、こどもおぢばがえりひのきしん参加。8月、甲子園での応援。10月、コンクール本番では、全員が一つになって歌を奏でて練習以上の力を発揮できた。また、パリギャルドの主席クラリネット奏者と共演し、本当のクラリネットの響きを教わった。11月には、月が瀬村文化センターのこけら落としのコンサート。西宮において、阪急少年音楽隊、今津中学校などのコンクールで優秀な成績を収めた学校とのジョイント。12月には大阪厚生年金会館という立派なホールで、ファイナルコンサートを開いて頂き、思うように練習が進まなかったが、当日は先生方やOBの方の励ましのおかげで立派に演奏することができた。

  • 12月2日 The Euphonium Recital 於天理市民会館 Euphonium :ブライアン・ボーマン
  • 12月20日 天理大学ホッケー部アベック優勝祝賀パレード 於天理駅〜本部
  • 1月25日 第34回全教選抜講演大会 於天理市民会館
  • 3月20日 タイの方来日歓迎演奏 於練習場
  • 3月21日 最新楽譜紹介コンサート 於奈良県文化会館
  • 3月23日 秋山紀夫先生のクリニック 於練習場
  • 3月29日 第21回天理教青年会総会立教150 年記念決起大会春のつどい 於本部中庭
  • 3月29日 第4回チャリティーコンサート 於橿原文化会館 ゲスト:岩井直薄氏、猪俣猛氏 合同:まつぼっくり少年少女合唱団
  • 3月30日 ザ・ベストサウンド・コンサート 於尼崎アルカイックホール 合同:尼崎東高校、明浄学院高校、昭和中学校
  • 4月11、12日 ジョイントコンサートの為の合同練習(本島詰所及び練習場)
  • 4月13日 タイの方の送別演奏会
  • 4月17日 陽気フェスティバル・ジョイントコンサート 於天理市民会館 合同:天理教校附属高校、和太鼓ほんじま
  • 4月18日 教祖御誕生祭御供え演奏 於本部中庭 野外演奏会 於よろこびの広場
  • 4月19日 第69回天理教婦人会総会 於本部中庭
  • 4月19、25日 教祖御誕生祭慶祝演奏会の為の合同練習 於練習場
  • 4月26日 教祖御誕生祭慶祝演奏会 於よろこびの広場 合同:楽朋会
  • 4月30日 柔道正木選手優勝祝勝パレード
  • 5月9〜10日 彦根演奏旅行 世界古城博覧会野外コンサート 於彦根城
  • 5月17日 交通安全パレード 於JR奈良駅 演奏会 於奈良三条通り
  • 5月30日 ジョイントコンサート 於橿原文化会館 合同:イエール大学
  • 6月7日 歌う一手一つ 於天理市民会館
  • 6月28日 第4回定期演奏会 於橿原文化会館 ゲスト:呉信一氏
  • 7月14〜23日 夏期強化合宿
  • 7月25日〜8月6日 こどもおぢばがえり
  • 7月29日 野球部応援 於甲子園
  • 8月6日 第29回奈良県吹奏楽コンクールB組 於奈良県文化会館 曲目:忠誠、呪文と踊り
  • 8月9日 奈良県吹奏楽コンクールA組 於奈良県文化会館
  • 8月16日 野球部応援 於甲子園
  • 8月17〜22日 夏期強化合宿
  • 8月27日 会館練習 於桜井市民会館
  • 8月30日 第37回関西吹奏楽コンクール 於奈良県文化会館
  • 9月16〜18日・天高祭
  • 9月20日 奏でる一手一つ
  • 9月27日 第4回オーケストラ定期演奏会 於天理市民会館
  • 10月10日 県内看護学校体育大会 於天高北グラウンド
  • 10月11日 大阪御堂筋パレード 於大阪中之島公園〜難波
  • 10月20日 会館練習 於天理市民会館
  • 10月21日 東京へ
  • 10月22日 全日本吹奏楽コンクール練習 於本芝大教会
  • 10月23日 全日本吹奏楽コンクール会館練習 於府中市民会館
  • 10月24日 全日本吹奏楽コンクール 於東京普門館 マーチ「ハローサンシャイン」ロメオとジュリエット 金賞
  • 10月25日 おぢばへ・全日本金賞受賞パレード及び祝勝会 於本部南礼拝場前
  • 立教150年大祭ちょうちん行列
  • 10月27日 天理教青年会総会 於本部中庭
  • 10月28日 クラリネットの夕べ 於天理市民会館 共演:ギャルドクラリネットセクション
  • 11月3日 置県100 年パレード 於やすらぎの道〜県庁前
  • 11月8日 月ヶ瀬村文化祭 於月ヶ瀬文化会館
  • 11月13日 元アメリカ海軍音楽隊指揮者クリニック<
  • 11月14日 吹奏楽をあなたに 於西宮市民会館アムティーホール 合同:今津中学校、阪急少年音楽隊
  • 11月17日 天理高校2部文化祭 於天高講堂
  • 12月6日 FINAL CONCERT '87 於大阪厚生年金会館 ゲスト:平原まこと氏

昨年の教祖百年祭、今年の立教150 年、この教内が勇み立つ両年祭に本部の御用をさせて頂いたということは、我々にとってたいへん光栄なことでした。また、数々の立派なホールで演奏活動できた陰には、先生方OBの方々、そして関係者の方々、演奏を聞いて下さった皆様のおかげです。このことは、一生忘れることができないでしょう。

来年は今までの良き伝統を守り、どんな節目に出会っても部員全員が一手一つに互い立て合い扶け合ってのりきり、みんなで歌を奏でてもらいたい。


昭和63年度

  • 香川、北海道演奏旅行
  • シルクロード博覧会

博覧会ラッシュ

今年度は、吹奏楽部52年の歴史の中で最も波乱の年だったのではないかと思う。それ故に、部員に感じることが多くあったように思った。 今年初めて舞台に上がったのは、1月17日だった。『1月17日、今年の名門天理はこの日から始まる』というスローガンを掲げてこの日に臨んだ。そのスローガンについて新子先生からお話があった。「名門天理とは、聞きようによってはひどく高慢にも取れる。でも僕は、君達がそれと別の意味で、名門天理という言葉を使っていると……。各自が謙虚に練習に励み、最後には『一発逆転』をしよう」。その一番最初の新子先生のお話が実現できたのは最後の土壇場になってからであった。

例年にくらべて、大きな行事が多かったのも、最後の一発逆転のための親神様のお導きだったように思う。4月、シルクロード博覧会の開会式では、世界各国の代表の方々が御臨席の中、式典音楽を担当させて頂いた。6月、定期演奏会では、世界最高の吹奏楽団と言われているフランスの「パリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団」の主席クラリネット奏者、ロベール・コスタリーニ氏をゲストにお招きして、第5回定期演奏会を開いた。同月のジョイントコンサートでは、アメリカカリフォルニアのカールポリー大学と共演した。そして、これらの行事以上に部員に大きなものを与えてくれた、夏のこどもおぢばがえり、四国・北海道の2回の演奏旅行。瀬戸大橋開通記念博覧会に出演した四国演奏旅行の時は、高松市民会館に於いて現部員では経験したことのない2回公演のコンサートを開いた。出発前はとにかく不安で、2回分吹ききる体力があるかどうかも心配であった。市民会館の玄関にあったものすごく大きい「天理高校吹奏楽部演奏会」と書いてあった黄色の看板がいっそう不安をかきたてた。1回目の公演に比べて2回目の大成功は、部員に「やれば必ずできるんだ」という自信をもたらすこととなった。この成功による自信は、今年の僕達に大きな影響を及ぼした。博覧会ラッシュといわれた今年、十勝海洋博覧会に出演させて頂くため、北海道演奏旅行へも行った。この演奏旅行では、天理高校吹奏楽部が、どれだけ多くの方々からの御支援を受けて 「るかということを改めて考え直させられた。広尾、釧路、北見、帯広、行く先々に、温かい気配りと言葉があった。中には、この演奏旅行が終わっても、ずっと見守って下さった方もおられました(八幸のおばちゃん〈広尾町〉)夏が終わるまでに、僕達は、一つ一つの行事をさせて頂く毎に、確実に進歩していたように思う。演奏面にしても、精神面にしてもそうだった。夏最後の行事、関西吹奏楽コンクールの3日前、初めて新子先生にほめられた。関西吹奏楽コンクール(和歌山市)では親神様から徳以上のご守護を頂き、夢のような全国大会の出場権を得た。第36回全日本吹奏楽コンクールには、ずっと御苦労をおかけした新子先生、他諸先生方に、一つでも喜んで頂けたのが、僕達部員にとって、今年一番の喜びであったが、最後の最後にたった一つできた『一発逆転』。FINAL CONCERT も11月27日成功のうちに終わりました。本当にどうもありがとうございました。

  • 12月12日 ナイチンゲール讃歌録音
  • 1月11日 韓国の方練習場見学
  • 1月17日 チャリティーコンサート 於奈良県文化会館
  • 1月31日 石崎一夫先輩の金管クリニック
  • 2月1日 マリンバ弾き初め会 マリンバ:松本真理子先生
  • 2月21日 第4回ふれあいコンサート 於天理市民会館
  • 2月24日 野球部春の選抜高校野球大会出場パレード
  • 3月20日 関西吹奏楽指導者研究会クリニック 於練習場 講師:秋山紀夫先生
  • 3月21日 関西吹奏楽指導者研究会クリニック 於橿原文化会館小ホール 新譜紹介コンサート 於橿原文化会館大ホール 合同:近畿大学
  • 3月25日 よのもと会総会 於天理市民会館
  • 3月28日 野球部応援 於甲子園
  • 3月29日 学生会総会
  • 4月9、10日 よのもと会陽気フェスティバルリハーサル
  • 4月16日 よのもと会陽気フェスティバルリハーサル 於天理市民会館
  • 4月17日 よのもと会陽気フェスティバル 於天理市民会館 合同:天理教校附属高校、和太鼓ほんじま
  • 4月18日 教祖御誕生祭お供え演奏
  • 4月19日 天理教婦人会総会 於本部中庭 タイの方見学
  • 4月21日 教祖御誕生祭慶祝演奏会リハーサル 於練習場
  • 4月22日 なら・シルクロード博覧会開会式リハーサル 於春日野会場 BIG PAO
  • 4月23日 なら・シルクロード博覧会開会式 於春日野会場 BIG PAO
  • 4月24日 教祖御誕生祭慶祝演奏会 於よろこびの広場 合同:天理中学校、楽朋会
  • 6月5日 シルクロード博天理教デー 於春日野会場
  • 6月18日 第5回定期演奏会 於天理市民会館 ゲスト:ロベール・コスタリーニ(クラリネット)松本真理子(マリンバ)
  • 6月22日 ジョイントコンサート 於天理市民会館 合同:アメリカ カールポリー大学
  • 6月26日 奈良県吹奏楽連盟結成30周年記念フェスティバル 於春日野会場
  • 6月27日 天理大学柔道部優勝パレード 於天理駅〜本部
  • 6月28日 アメリカの方練習見学
  • 7月9日 ニュージーランド青少年ブラス歓迎演奏会 於練習場
  • 7月21〜24日 香川県演奏旅行
  • 7月21日 出発 天理〜瀬戸大橋
  • 7月22日 高松公演2回公演 於高松市民会館
  • 7月23日 瀬戸大橋博覧会イベント 於四国会場イベントプラザ
  • 7月24日 高松刑務所慰問演奏会 於高松刑務所 移動 高松港〜東神戸港
  • 7月25日〜8月5日 こどもおぢばがえり
  • 8月6〜12日 北海道演奏旅行
  • 8月6日 出発 大阪〜千歳
  • 8月7、8日 十勝海洋博イベント 於マリンステージ(8日のみ2回公演)
  • 8月9日 釧路公演 於釧路市民会館
  • 8月10日 北見公演 於北見市民会館
  • 8月11日 帯広公演 於帯広市民会館
  • 8月12日 移動 千歳〜大阪
  • 8月11日 第30回奈良県吹奏楽コンクールB組 於奈良県文化会館 曲目:ワシントンポスト マナティーリリック序曲
  • 8月14日 第30回奈良県吹奏楽コンクールA組招待演奏 於奈良県文化会館
  • 8月17日 野球部応援 於甲子園
  • 8月22日 ホール練習 於天理市民会館
  • 8月27日 ホール練習 於天理市民会館
  • 8月27日 和歌山出発
  • 8月28日 リハーサル 於海南市立第一中学校
  • 8月28日 第38回関西吹奏楽コンクール 於和歌山県民文化会館 吹奏楽の為の「深層の祭」 ディオニソスの祭
  • 9月18日 天理高校2部体育祭
  • 9月19、20日 天高祭
  • 9月23日 奏でる一手一つ 於天理市民会館
  • 9月25日 第1回関吹研中学生パートリーダー研修会 於練習場
  • 10月2日 シルクロード博天理教デー 於春日野会場
  • 10月8日 第5回天理高校管弦楽団定期演奏会 於天理市民会館
  • 10月23日 ホール練習 於天理市民会館
  • 10月27日 天理教青年会総会 於本部中庭
  • 10月27日 東京へ
  • 10月28日 ホール練習 於戸田市文化会館
  • 10月29日 会館練習 於明大附属中野高校講堂 第36回全日本吹奏楽コンクール 吹奏楽の為の「深層の祭」 ディオニソスの祭 金賞
  • 10月30日 移動 東京〜天理
  • 10月31日 全日本吹奏楽コンクール金賞受賞パレード及び祝勝会
  • 11月6日 大阪教区少年ひのきしん隊結成10周年記念大会
  • 11月13日 第2回関吹研中学生パートリーダー研修会
  • 11月23日 奈良県吹奏楽連盟30周年記念演奏会 於奈良県文化会館
  • 11月27日 FINAL CONCERT '88 於天理市民会館